メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨

「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

安否不明になっている村山幸子さんの捜索活動を見守る家族=福岡県朝倉市山田で8日午前9時12分、徳野仁子撮影

 福岡、大分両県を中心に襲った九州北部豪雨。8日午前の被災地では、安否不明者の捜索活動が続いた。

 「周りを見渡したらあの人もこの人もいない状況。たとえどんな姿でも見つかって良かった」。6日に遺体で見つかった福岡県朝倉市杷木(はき)松末の藤本哲夫さん(66)を知る近くの男性(40)はそう言って涙を浮かべた。

 男性によると、藤本さんは妻と看護師の長男、介護士の次男と4人暮らし。大雨で藤本さん宅が流され、藤本さんは同市杷木林田の民家敷地内で遺体で見つかった。次男は自宅から約1・5キロ離れた場所でけがをした状態で救助されたが、妻は今も安否不明のままだ。長男は仕事で外出していて無事だった。

この記事は有料記事です。

残り1373文字(全文1666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです