高崎ビューホテル

事業譲渡で継続 ココパルクに /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 12月末での営業終了が発表されていた高崎ビューホテル(高崎市柳川町)について、運営会社の日本ビューホテル(東京都、遠藤由明社長)と、「ドンレミーグループ」のココパルク(高崎市、木本高一朗社長)が7日、事業譲渡することで基本合意した。木本社長は建物を解体せず来年以降も営業を継続する方針を示した。

 ドンレミーグループは高崎駅東口の「ホテルココ・グラン高崎」などを運営する木本製菓や、立体駐車場を運営するココパルクなどで構成する。

 基本合意書の調印は両社長が出席して高崎市役所で行われ、富岡賢治市長が立会人を務めた。譲渡時期は来年1月、価格は今後協議するとしている。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文605文字)

あわせて読みたい

注目の特集