メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

誤射のその後

雲南コウノトリ 第2部/上 「希望の地」にエール 日本コウノトリの会代表・佐竹節夫さん(68) /島根

成長した雲南市生まれのひな=兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園で2017年6月30日、山田英之撮影

放鳥に向けて

 「母鳥はここの巣塔(すとう)で生まれたんです」

 生息地拡大を目指す兵庫県豊岡市の市民団体「日本コウノトリの会」の代表、佐竹節夫さん(68)は、そう言って、豊岡のコウノトリの繁殖地「ハチゴロウの戸島湿地」の1本の人工巣塔を指さした。コウノトリが巣作りしやすいように建てた塔で、高さは10メートルを超える。野生復帰を応援する市民らでつくる「コウノトリファンクラブ」などの支援で、市内には多くの人工巣塔が建っている。

 母鳥とは、雲南市大東町で子育て中の5月、地元ハンターの誤射で死んだ雌の親鳥だ。強い思い入れのある佐…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1089文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです