メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

「山ごと崩れ落ちた」 「土砂ダム」形成の瞬間 /大分

日田市小野地区から自衛ヘリで救助され、日田市陸上競技場に到着した住民ら

 ◆胸痛め衝撃語る

 記録的な豪雨に見舞われた日田市の山間部にある小野地区では、6日午前に発生した土砂崩れが川をせき止めて「土砂ダム」を形成している。氾濫する恐れがあるため、付近の住民は7日も各地で避難生活を続けている。被害状況の見回り中だった地元の消防団員1人がこの土砂崩れで犠牲になっており、間一髪で助かった住民たちは悲報に胸を痛め、声を震わせながら当時の衝撃を語った。

 ドドドドド--。6日午前10時半ごろ、地鳴りとともに発生した大規模な土砂崩れは、杉林をなぎ倒し、土…

この記事は有料記事です。

残り2211文字(全文2447文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]