メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

「山ごと崩れ落ちた」 「土砂ダム」形成の瞬間 /大分

日田市小野地区から自衛ヘリで救助され、日田市陸上競技場に到着した住民ら

 ◆胸痛め衝撃語る

 記録的な豪雨に見舞われた日田市の山間部にある小野地区では、6日午前に発生した土砂崩れが川をせき止めて「土砂ダム」を形成している。氾濫する恐れがあるため、付近の住民は7日も各地で避難生活を続けている。被害状況の見回り中だった地元の消防団員1人がこの土砂崩れで犠牲になっており、間一髪で助かった住民たちは悲報に胸を痛め、声を震わせながら当時の衝撃を語った。

 ドドドドド--。6日午前10時半ごろ、地鳴りとともに発生した大規模な土砂崩れは、杉林をなぎ倒し、土煙を上げながら100メートル以上動き、川と県道を越え、複数の民家に流れ込んだ。

この記事は有料記事です。

残り2172文字(全文2447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  3. 緊急事態宣言「効果確認に1カ月必要」「何としても終結に」 菅官房長官会見詳報

  4. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  5. 都内の感染者、新たに80人確認 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです