メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳会談

改善へ初会談 シリアなど意見交換

 【ハンブルク杉尾直哉、高本耕太】トランプ米大統領とプーチン露大統領が7日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開催されているドイツのハンブルクで初会談した。シリアやウクライナ、米露の核軍縮問題など幅広い分野で意見交換したとみられる。

 会談冒頭、トランプ氏は「お会いできて光栄だ。これまで(電話で)さまざまな課題を協議してきたが、この機会を待ちきれなかった。(直接会談は)米露だけでなく関係国にも有益だ」と述べた。プーチン氏は「お会いできてうれしい。今回の会談が成果をもたらすことを期待している」と述べた。また「困難な問題を米露が一緒に…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです