メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

真実さぐりだすノンフィクション=保阪正康

(右上から時計回りに)松本清張、下山事件でD51機関車を検証する係官、2・26事件で銃剣を構える反乱軍兵士 コラージュ・松本隆之

検証に堪えうる客観性必要

 昭和という時代が終わってから30年近くの時間が流れた。この6月に成立した特例法(正確には「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」)により、2年以内には皇太子が即位する形になり、元号もまた変わる。昭和はますます遠のいていくことだろう。

 とはいえ近代日本史にあって、昭和という時代は時間を経るにつれ、なお一層その重みを増していく。この時代には人類史が体験した社会現象のすべてが詰まっているわけだから、昭和という時代には日本人がどのように変わっていったのか、それが明確にあらわれているように思う。昭和20年代、30年代の史学科の学生の中には、明治維新を卒業論文のテーマに選ぶ者が多かったのだが、これからは昭和という時代をテーマに論文を書く者が多くなると、私には思える。

 昭和史に関わる書は往々にして、次の五つのパターンに分かれている。箇条書きにしてみよう。(1)学術書…

この記事は有料記事です。

残り1649文字(全文2042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  2. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. JR東海が23年ぶり新型特急車両 初のハイブリッド方式、120キロで営業運転へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです