メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

「大枠」合意、「大筋」との違いは?

 日本とEUはEPA交渉で「大枠合意」したが、実際の協定締結に向けて未決着の課題が残っており、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉で使われた「大筋合意」と状況が違うようだ。日欧が「大枠合意」という言葉を使った背景も含めてQ&A方式でまとめた。【工藤昭久】

いくつかの交渉残る

 Q 大枠合意とは?

 A 公式な定義はないが、外務省などは「関税など主要分野の交渉は決着したが、いくつかの分野の交渉が残った状態を指す」と説明する。日欧EPA交渉では、投資を巡る企業と進出先の国との紛争解決手続き(ISDS)で溝が…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです