メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
健康狂想曲

第2章・広がる格差/5 地域の力 寿命に影響

晴ればれ教室で笑顔いっぱいに歌う長野県松川村の高齢者

 ●趣味を楽しみ

 北アルプスのふもとにある長野県松川村(人口約1万人)。全国でも珍しく野生のスズムシが生息する自然豊かな田園の村だ。山に雪がまだ残る5月下旬、役場の前に立った。壁に「男性長寿日本一の村~みなさんの健康が、村の誇りです」と大書された垂れ幕が目に飛び込んだ。

 2013年に国が発表した平均寿命調査(10年)で同村の男性の平均寿命は82・2歳(全国平均は79・6歳)。前回調査から約2年延ばし、日本一になった。女性も87・8歳(全国平均86・4歳)と長寿の村だ。

 日本一の要因は何なのか。役場の担当者の案内で村を歩く。南部にある公民館で約20人のお年寄りが指導者のかけ声で体操をしたり、太鼓など楽器を演奏したりしている。4~7月に計12回開かれる「晴ればれ教室」だ。1回あたり1人100円を払うが、出席率は高く、どの人にも笑みがこぼれる。

この記事は有料記事です。

残り1619文字(全文1993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです