メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

描かれた鉄路

今回の作品 西村京太郎『生死を分ける転車台』 天竜浜名湖鉄道(静岡県) 現役で活躍する文化財

 かつて蒸気機関車(SL)が鉄路の主流だった時代、機関車の方向転換に使われていた転車台。全国の主要駅や車両基地に設置されていたが、両方向運転の可能な電気式やディーゼル式機関車の普及で不要となり、各地で次第に姿を消していった。

 現存する転車台は全国でもわずかだが、静岡県西部を走る天竜浜名湖鉄道の天竜二俣(ふたまた)駅(浜松市)には今も現役で使われている転車台がある。西村京太郎さんの小説『生死を分ける転車台』の舞台にもなった鉄道遺産を見に始発の掛川駅(同県掛川市)から列車に揺られた。

 地元で「天浜線」と親しまれる天竜浜名湖鉄道は、1940年に全線開通した旧国鉄二俣線が前身。掛川駅か…

この記事は有料記事です。

残り1482文字(全文1774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  2. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  3. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  4. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  5. グレタさん「政府に希望はないが、私たちは変化を起こせる」 COP25で演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです