メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核兵器禁止条約

被爆者、世界動かす 待ち望んだ採択

握手を交わす被爆者の藤森俊希さん(左)とサーロー節子さん=ニューヨークの国連本部で7日、三木幸治撮影

 【ニューヨーク三木幸治】広島、長崎への原爆投下から間もなく72年。被爆者の訴えが市民やNGOを動かし、ついには多くの有志国を巻き込んで「核兵器禁止」への大きなうねりを作り上げた。国連本部では7日、人々が万感の思いで条約採択の瞬間を迎えた。

 議場のモニターに「賛成122、反対1、棄権1」という投票結果が表示されると、傍聴席から割れんばかりの拍手が起きた。日本からただ一人、被爆者として国連本部を訪れた広島出身の藤森俊希さん(73)は立ち上がり感無量の表情。カナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(85)は目をつぶり、歴史的瞬間をかみしめるように拍手を送った。その後2人は握手を交わし、喜びを分かち合った。

 「ここまで長い年月だった。早く(亡くなった)姉に条約ができたと報告したい」。藤森さんは瞳をうるませ…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです