メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核兵器禁止条約

採択 72年、やっとここまで 被爆者「日本も加盟を」

 広島、長崎への原爆投下から72年。核兵器の保有や使用を初めて法的に禁じる核兵器禁止条約が7日(現地時間)、米ニューヨークの国連本部で採択された。条約の成立を待ち望んだ被爆者は歓迎し、制定交渉に参加しなかった日本や核保有国も条約に加盟するよう求めた。

 「被爆者が求めてきた内容の条約だ」。6月に渡米し、国連での交渉会議を傍聴した長崎市の被爆者、川副忠子さん(73)は喜ぶ。その上で「日本政府に条約参加をどう働きかけていくか、これからは私たちの平和への思いが試される」と語った。

 被爆者で長崎原爆遺族会顧問の下平作江さん(82)も「この苦しみは私たちで十分だ、二度とヒバクシャをつくらないで、と訴えてきた。核兵器を使うだけでなく、持ったり、開発したりすることを禁止する条約の採択は心からうれしい」と歓迎。だが核保有国が参加しないままでは、条約が成立しても核兵器廃絶への道筋は見えない。「長崎を最後の被爆地にするためには、地球から全ての核兵器をなくすしかない」と核保有国に求めた。

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 中居正広&劇団ひとり&古市憲寿、絵本プロジェクトが集大成「アニメ化も視野に…」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです