特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨

「今、流されよう」不明の女性、知人に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安否不明になっている村山幸子さんの捜索活動を見守る家族=福岡県朝倉市山田で2017年7月8日午前9時12分、徳野仁子撮影
安否不明になっている村山幸子さんの捜索活動を見守る家族=福岡県朝倉市山田で2017年7月8日午前9時12分、徳野仁子撮影

 福岡、大分両県を中心に襲った九州北部豪雨。8日午前の被災地では、安否不明者の捜索活動が続く一方で、ボランティアや罹災(りさい)証明書の受け付けが始まるなど支援や生活再建の動きも出始めた。

 「周りを見渡したらあの人もこの人もいない状況。たとえどんな姿でも見つかって良かった」。6日に遺体で見つかった福岡県朝倉市杷木松末の藤本哲夫さん(66)を知る近くの男性(40)はそう言って涙を浮かべた。

 男性によると、藤本さんは妻と看護師の長男、介護士の次男と4人暮らし。大雨で藤本さん宅が流され、藤本さんは同市杷木林田の民家敷地内で遺体で見つかった。次男は自宅から約1.5キロ離れた場所でけがをした状態で救助されたが、妻は今も安否不明のままだ。長男は仕事で外出していて無事だった。

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1272文字)

あわせて読みたい

注目の特集