メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本専門医機構

新専門医制度、18年4月からスタート

 医療の質の向上を目的にした新専門医制度について、制度を運営する日本専門医機構は7日、来年4月からスタートさせることを決めた。今年4月から開始の予定だったが、医師の偏在につながるなどと反発にあい、先送りされていた。

     当初の制度案では、研修を実施する基幹病院が都市部の大学病院に集中していたため、地域医療が崩壊するとの反論が日本医師会や病院団体から上がり、延期につながった。

     対策として機構は、東京都、神奈川県、愛知県など5都府県で受け入れる各診療科の医師数は、過去5年の採用実績の平均値を原則超えないように定員を設定するとの運用細則を定めた。

     現在の専門医制度は、外科や皮膚科などの各診療科ごとに100種類以上あり、各学会がそれぞれ認定するため、質のばらつきが大きい。機構が統一した基準で認定することで質の向上を図る。

     同日記者会見した機構の松原謙二副理事長(日本医師会副会長)は新制度について「国民にとって信頼できる専門領域の医者であることを医学界が保証するということだ」と述べた。【野田武】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 下村元文科相党支部 政治資金で自著購入 1900冊分
    2. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
    3. 寝屋川4乳児遺棄 「捨てられなかった」20年以上隠す
    4. コンビニ ミニストップが全店舗で成人誌の販売を中止へ
    5. 高校野球 大宮工などが対外試合禁止 日本学生野球協会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]