メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

総特集iPS細胞の未来 /京都

 <活字を楽しむ>

 (現代思想 青土社、1400円(税抜き))

 神経や皮膚、筋肉など体のさまざまな組織や臓器に変化することのできるiPS細胞(人工多能性幹細胞)。4月に大学担当となり日々、府内の大学や研究機関による研究成果を取材している。中でもiPS細胞研究を紙面で取り上げることは多い。iPS細胞が秘める可能性への期待、すなわち、病気などで失った身体の機能を回復させる再生医療や創薬への社会的な関心の高さをひしひしと感じている。

 「現代思想」(青土社)の6月臨時増刊号は「iPS細胞の未来」と題して、総特集を組んでいる。科学誌で…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1159文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]