メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

西播初プロ棋士 相生の高1・田中さん認定 /兵庫

西播地方で初めて囲碁のプロ棋士に認定された田中康湧さん=兵庫県赤穂市の赤穂楽碁会で、松田学撮影

 相生市の大阪学芸高1年、田中康湧(こうゆう)さん(16)が6月、関西棋院から囲碁のプロ棋士に認定された。田中さんが小学生のころから通う赤穂市の囲碁同好会「赤穂楽碁会」(黒田紀典会長)によると、現行制度下で西播地方から囲碁のプロ棋士が誕生するのは初めてという。

 6歳の時に、自宅近くの囲碁教室で興味を…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. スピードスケートW杯第4戦 女子団体追い抜き、高木美・高木菜・佐藤が今季初勝利

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです