メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蜷川実花さん写真展

人物や花、魅力的に 高松 /香川

「桜」のエリアで写真を撮影する来館者=高松市紺屋町の高松市美術館で、小川和久撮影

 写真家で映画監督としても活動する蜷川実花さんの写真展が、高松市紺屋町の高松市美術館で開かれている。自然の風景や人物をはじめ、蜷川さん自身を写したポートレートなど2010年以降の作品を中心に427点を展示。自ら構成した全8エリアを楽しめる。

 今回の個展は新潟、静岡を巡回し、同館が最終会場となる。展示室に入ると、カラフルな花の写真が目に飛び込んでくる。蜷川さんの代表的な作品群である「Flowers」。黄、赤、ピンクの花は、生が最も輝く瞬間を表現するとともに、華やかさの中の死の予感を伝えている。…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです