メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

不安悩み話して 県警サポート隊、避難所を巡回 /福岡

女性警察官と話す避難所で生活するお年寄り

 九州北部豪雨による避難者を支援する県警の「さくらサポート隊」が8日、朝倉市と東峰村の避難所の巡回を始めた。女性警察官ら9人の隊員が避難所を分担して巡回し、避難者の話し相手になったり、悩みを聞いて行政の支援につなげたりする狙い。

 この日、朝倉市立杷木中学校体育館には女性警察官2人と男性警察官1人の3人が訪れ、高齢者を中心に「お体は大丈夫ですか」「困っていることはありませんか」などと尋ねて回った。女性警察官に自身が経験した避難の様子をじっくりと語った同市杷木赤谷の山口早奈江さん(79)は「話を聞いてもらうことで被災した怖さが少し和らいだ」と話した。

 サポート隊の小宮智恵美巡査長(29)は「将来の悩みや慣れない避難所生活で不安になっている人がいっぱ…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです