メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人に聞く/熊本

和菓子店「ニュー若草」店長・郷陽子さん /熊本

郷陽子さん

 上野動物園(東京都台東区)ではパンダの赤ちゃんが生まれたが、熊本にも長年愛されているパンダがいる。健軍商店街(熊本市東区)で約40年にわたって営業する和菓子店「ニュー若草」の人形焼き「パンダ焼き」(1個100円)だ。白黒2色のあんを詰めた地元の名物で、多い日は1日に約500個が売れる。人気の秘密について店長の郷陽子さん(65)に聞いた。【聞き手・中里顕】

 Q パンダ焼きはどのような経緯で生まれたのですか。

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです