メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人に聞く/熊本

和菓子店「ニュー若草」店長・郷陽子さん /熊本

郷陽子さん

長く人気のパンダ焼き 郷陽子さん(65)

 上野動物園(東京都台東区)ではパンダの赤ちゃんが生まれたが、熊本にも長年愛されているパンダがいる。健軍商店街(熊本市東区)で約40年にわたって営業する和菓子店「ニュー若草」の人形焼き「パンダ焼き」(1個100円)だ。白黒2色のあんを詰めた地元の名物で、多い日は1日に約500個が売れる。人気の秘密について店長の郷陽子さん(65)に聞いた。【聞き手・中里顕】

 Q パンダ焼きはどのような経緯で生まれたのですか。

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1181文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです