メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

首脳宣言 貿易制裁容認、米政権に譲歩

 【ハンブルク三沢耕平、中西啓介】主要20カ国・地域(G20)首脳会議は8日(日本時間同日夜)、地球温暖化対策や自由貿易の重要性などを明記した首脳宣言を採択して閉幕した。焦点の貿易問題では、保護主義に対抗することで一致した一方、「正当な貿易上の対抗措置の役割を認識する」と明記。不公正な貿易相手国に対する制裁措置の発動を容認した形で、保護主義的な姿勢を強めるトランプ米政権に譲歩した。(3面にクローズアップ、6面に関連記事と首脳宣言要旨)

 会議ではまた、付属文書として策定した「ハンブルク行動計画」を策定。地球温暖化対策の国際的な枠組み「…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文890文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです