メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳会談

サイバー攻撃議論 民主党「追及不足」

 【ハンブルク高本耕太】トランプ米大統領とプーチン露大統領は7日、ドイツ・ハンブルクで行った初めての首脳会談で、昨年の米大統領選にロシアがサイバー攻撃で介入したとされる問題について議論した。同席したラブロフ露外相は会談後、「ロシアは関与していないとの主張をトランプ氏が受け入れた」と説明したが、米側は否定。両者の言い分が食い違う中、野党・民主党からはトランプ氏に対し「追及不足」と批判する声も上がっている。

 同席したティラーソン米国務長官によると、プーチン氏は介入を否定したが、「トランプ氏は何度も問いただ…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです