メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『分解するイギリス-民主主義モデルの漂流』=近藤康史・著

 (ちくま新書・929円)

 昨年の国民投票でEU(欧州連合)離脱を選択し、今年の総選挙では与党・保守党が過半数割れして、どの政党も過半数に届かないハングパーラメント(宙づり国会)となったイギリス。かつて、その質と安定性から世界の「モデル」とされた同国の民主主義は、いまや大きく変容しているようだ。

 比較政治・イギリス政治が専門の著者は、イギリスの議会制民主主義を構成するいくつ…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです