メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『結婚差別の社会学』 著者・齋藤直子さん

齋藤直子さん

 ◆齋藤直子(さいとう・なおこ)さん

 (勁草書房・2160円)

つながりが不安和らげる

 被差別部落問題の研究者が、「部落出身者との恋愛や結婚を巡る家族間の対立や説得、和解や破局のプロセスを具体的な例から分析しました」。結婚差別は、フォークソングの「手紙」(岡林信康)をはじめ、多くのルポや手記の題材となってきたが、数十の実例を元にした研究書は初とか。

 2010年の大阪府の調査では、2割が結婚のとき相手が同和地区出身かが気になると答えていた。こうした…

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文932文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]