子宮頸がんワクチン

勧奨再開など要望 医療系15団体

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 予防接種の改善を求め、患者や医師などの15団体でつくる「子ども支援ネットワーク」が6日、塩崎恭久厚生労働相に要望書を提出した。今年は、接種の積極的勧奨が中止されている子宮頸(けい)がんワクチンの再開も初めて盛り込まれた。

 参加団体は、全国保険医団体連合会(保団連)や「ポリオの会」などの患者団体。

 要望は、子宮頸がんワクチン再開のほか、…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文365文字)

あわせて読みたい

ニュース特集