観光名所

美しく変化する「青の洞窟」 北海道・小樽

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
幻想的な青に彩られた水面が広がる洞窟には波音が響いた=北海道小樽市塩谷で、梅村直承撮影
幻想的な青に彩られた水面が広がる洞窟には波音が響いた=北海道小樽市塩谷で、梅村直承撮影

 かつて漁師や船乗りが通り抜けできる「抜け通し」と呼んだ海の洞窟。今や「青の洞窟」と称される北海道小樽市屈指の観光名所だ。積丹半島を望む塩谷地区の断崖絶壁にあり、小型船1隻が通り抜けられる幅で全長約50メートル。光が差し込む水面が複雑な青色に染まる。

 1990年代からシーカヤック愛好家に知られるよう…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

あわせて読みたい

注目の特集