メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海道新幹線

線路脇ケーブルから煙 名古屋-岐阜羽島

現場近くで停止、乗務員が消火 下り4本に遅れ

 9日午前10時半ごろ、愛知県一宮市萩原町の東海道新幹線下り線名古屋-岐阜羽島駅間で、線路脇の通信ケーブルから煙が上がっているのを、巡回中の係員が見つけた。総合指令所を通じて連絡を受けた東京発広島行き「のぞみ103号」が乗客を乗せたまま現場近くで停止し、乗…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 「エール」視聴率、関東20.1%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです