歌舞伎

七月大歌舞伎 海老蔵、3役早変わり=評・小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昼の序幕は「矢の根」。右團次の五郎は稚気があり、はつらつとしている。

 中幕が「加賀鳶(とび)」。「木戸前勢揃い」から「赤門捕物」まで。海老蔵の道玄はすごみと軽さの両面を備えているところが役にかなう。齊入(右之助改め)のお兼に泥水をくぐってきた人間らしい嫌みさと色気がある。中車の松蔵はセリフが明晰(めいせき)。これで世話物の味が出ればいい。笑三郎のおせつ、児太郎のお朝が好演。

 最後が「連獅子」。海老蔵の狂言師右近後に親獅子の精、巳之助の狂言師左近後に仔獅子の精。海老蔵は勇壮で、巳之助は動きが美しい。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文642文字)

あわせて読みたい

注目の特集