メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
Interview

島田雅彦さん 人類文明の後まで考察 小説『カタストロフ・マニア』発表

島田雅彦さん

 ロールプレーイングゲームのごとく、読むのは楽しい。しかし、悲しみの音調が漂う。普段は見ないふりをしている今の日本と、想像したくない未来の日本が見えてしまうからだろう。作家の島田雅彦さんが小説『カタストロフ・マニア』(新潮社)を発表した。「人類文明の後にどうなるか、私の見立てを盛り込んでみました」。時は2036年、人間が滅亡の危機にさらされる世界で、ちょっと頼りない面々が右往左往しつつ生き抜こうとするSF的な長編だ。

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1436文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです