メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

ファミリーサポートハウス 患者家族に宿泊場所提供 負担軽減や安心を /大阪

ファミリーサポートハウスの共有スペースで知人と話す稲垣三千穂さん(右から2人目)=大阪市生野区桃谷で、大島秀利撮影

 <福祉・保健><まち・雇用>

 大阪の大きな病院で治療する患者の家族に宿泊場所を提供しているのが「ファミリーサポートハウス・桃谷」だ。遠方から来て長期滞在などを余儀なくされる家族の負担を軽減している。

 運営する稲垣三千穂さん(59)が開設したきっかけは、6年前に奈良県に住むいとこの男性が家屋の修理中に屋根から転落し、頭を強く打って大阪市内の病院の集中治療室(ICU)に入ったときだった。いとこの家族は病院側から「いつでも駆けつけられる場所にいてください」と言われたが、近くに適当な宿泊場所がなく、稲垣さんが自宅に1週間泊めてあげたのだった。いとこは無事治療を終えたが、大阪市の中心部には大きな病院がいくつもあるのに、遠方の患者や家族が安心して宿泊できる場所がないことに気付いたという。

 そこで稲垣さんは、JR大阪環状線・桃谷駅から徒歩2分の位置にある中古の3階建て住宅を自費で購入。ベ…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1294文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]