おおさかの市民パワー

ファミリーサポートハウス 患者家族に宿泊場所提供 負担軽減や安心を /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ファミリーサポートハウスの共有スペースで知人と話す稲垣三千穂さん(右から2人目)=大阪市生野区桃谷で、大島秀利撮影
ファミリーサポートハウスの共有スペースで知人と話す稲垣三千穂さん(右から2人目)=大阪市生野区桃谷で、大島秀利撮影

 <福祉・保健><まち・雇用>

 大阪の大きな病院で治療する患者の家族に宿泊場所を提供しているのが「ファミリーサポートハウス・桃谷」だ。遠方から来て長期滞在などを余儀なくされる家族の負担を軽減している。

 運営する稲垣三千穂さん(59)が開設したきっかけは、6年前に奈良県に住むいとこの男性が家屋の修理中に屋根から転落し、頭を強く打って大阪市内の病院の集中治療室(ICU)に入ったときだった。いとこの家族は病院側から「いつでも駆けつけられる場所にいてください」と言われたが、近くに適当な宿泊場所がなく、稲垣さんが自宅に1週間泊めてあげたのだった。いとこは無事治療を終えたが、大阪市の中心部には大きな病院がいくつもあるのに、遠方の患者や家族が安心して宿泊できる場所がないことに気付いたという。

 そこで稲垣さんは、JR大阪環状線・桃谷駅から徒歩2分の位置にある中古の3階建て住宅を自費で購入。ベッドを知人から譲り受けるなどして、サポートハウスを2014年1月にオープンさせた。宿泊用に3部屋あり、最大6人が泊まれる。共有スペースには、ダイニングキッチン、浴室、洗面所、トイレなどがあり、自炊で長期滞在することも可能だ。

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1294文字)

あわせて読みたい

注目の特集