障害者雇用

1000人達成 式典で市長「次は1500人」 総社 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
障害者雇用に関する総社市の記念フォーラムでは、市内の就労継続支援事業所も紹介された=岡山県総社市中央3の市民会館で、小林一彦撮影
障害者雇用に関する総社市の記念フォーラムでは、市内の就労継続支援事業所も紹介された=岡山県総社市中央3の市民会館で、小林一彦撮影

 障害者1000人の雇用を目指す事業に取り組んできた総社市は9日、目標の達成を記念したフォーラムを市民会館で開いた。片岡聡一市長は次の目標として「障害者1500人の雇用」を掲げ、賃金などの質的向上にも一層力を入れる方針を示した。【小林一彦】

 事業は2011年にスタート。市内の事業所で働いている人や市外の事業所で働いている市民、市とハローワーク総社で運営する「障がい者千人雇用センター」を通じて就労している市外在住者をカウントした。今年5月に1000人の目標を達成し、一般就労と福祉的就労の比率は6対4。市民…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

あわせて読みたい

注目の特集