メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

無害化完了の記念式典 地下水浄化、重要性訴え 直島 /香川

 豊島(土庄町)に不法投棄された産業廃棄物の無害化処理が直島(直島町)で完了したことを祝う県の式典が9日、直島町総合福祉センターであった。山本公一環境相や処理に関わった専門家、豊島と直島の関係者ら約160人が参加し、事業を振り返るとともに、今後の施設撤去や豊島で続く地下水浄化事業の重要性を挙げる声が相次いだ。【植松晃一】

 約91万トンに及ぶ産廃類の無害化処理は、住民との公害調停(2000年)に基づいて県が03年9月に始め、今年6月に完了した。

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  2. 1週間の感染者1000人超の愛知、帰省の再検討求める 岐阜知事は「バーベキューに注意」

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 「うがい薬、瞬く間に消えた」歯科医ら吉村知事に憤り 研究内容、発表法にも批判

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです