メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
現場報告・トランプと世界

エジプトでIS暗躍(その1)

 エジプト北部イスマイリアの住宅街で、その女性(45)は周囲に人がいないのを確認して話し始めた。

 「30メートル隣に住む知人男性が生きたまま焼き殺された。『異教徒』というだけで」。女性はイスラム教徒が大多数のエジプトで人口1割のコプト教(キリスト教の一派)信徒だ。スエズ運河対岸のシナイ半島から親族と1月に逃げてきた。過激派組織「イスラム国」(IS)の分派「ISシナイ州」にコプト教徒の隣家が…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです