メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場報告・トランプと世界

エジプトでIS暗躍(その2止)

コプト教徒が銃撃され少なくとも28人が死亡したテロ現場付近=エジプト中部ミニヤ県で2017年6月、篠田航一撮影

 

「安全な場所 もうない」 エジプト、米とIS掃討

 エジプトの首都カイロから南に約150キロ。中部ミニヤ県の北側に位置するコプト教の聖サムエル修道院は、サハラ砂漠の中にある。幹線道路近くの警察の検問所から約25キロ。未舗装の一本道を車で走ると、砂ぼこりが激しく舞い、車体が上下に大きく揺れる。

 5月26日、修道院を目指していたコプト教徒の巡礼者計約50人を乗せた3台のバスが、この道の途中で覆面集団約10人の銃撃を受け、少なくとも28人が犠牲になった。「4月の北部タンタ、アレクサンドリアの教会の連続テロ後、治安当局は都市部の教会の警戒を強めた。その隙(すき)を突く形で警備が手薄な場所が狙われた。砂漠の中の修道院は過激派にとって絶好の標的になってしまった」。ミニヤの地元ジャーナリストでコプト教徒のミーナ・サーミさん(29)はそう話す。事件後、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

 現地の治安関係者らの話を総合すると、覆面集団が乗っていたのは四輪駆動車3台。修道院まで約15キロの…

この記事は有料記事です。

残り1922文字(全文2372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです