メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

住友林業・市川晃社長

市川晃・住友林業社長=松田嘉徳撮影

木の良さ、海外へ

 木材建材・住宅販売大手、住友林業の海外事業が好調だ。米国やオーストラリアで住宅販売が伸び、2016年に山林を取得したニュージーランドやインドネシアでは建材の製造事業が堅調に利益を出している。同社は「木」という再生可能な自然素材を使った多様な商品を開発生産し、植林にも力を入れ、木を育てる「山」も管理する。「環境に配慮し、社会貢献とビジネスを両立させたい」という市川晃社長が、成長戦略を語った。【聞き手・藤田裕伸、写真・松田嘉徳】

 --17年3月期連結決算では、利益の約3割を海外事業が出しました。

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです