メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

支える側にがんサバイバー

治療中のがん患者に向けて本を出版したさとう桜子さん=東京都中央区で、吉永磨美撮影

 治療中や治療後に関わらず、「がん」と診断された人を「がんサバイバー」と呼ぶ。診断・治療後も、その人らしく生きるためには、さまざまな支援が必要だ。最近、サバイバーによるサバイバー支援の事業が増えている。「自分の経験を他の患者のために」。そんな気持ちで一歩を踏み出した3人のサバイバーを訪ねた。

 ●「美容の力大きい」

 さとう桜子さん(51)は2011年、子宮体がんで手術を受けた。術後の抗がん剤治療の副作用で脱毛し、顔はむくんで肌も荒れた。当時、美容事業のトレーナーとして働いていたため、外見の衰えは直接、仕事の妨げとなる。「エステサロンに行っても病を理由に断られたり、まゆげやまつげがない顔をじろじろ見られたりしてつらかった」

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1424文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです