メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

支える側にがんサバイバー

治療中のがん患者に向けて本を出版したさとう桜子さん=東京都中央区で、吉永磨美撮影

 治療中や治療後に関わらず、「がん」と診断された人を「がんサバイバー」と呼ぶ。診断・治療後も、その人らしく生きるためには、さまざまな支援が必要だ。最近、サバイバーによるサバイバー支援の事業が増えている。「自分の経験を他の患者のために」。そんな気持ちで一歩を踏み出した3人のサバイバーを訪ねた。

 ●「美容の力大きい」

 さとう桜子さん(51)は2011年、子宮体がんで手術を受けた。術後の抗がん剤治療の副作用で脱毛し、…

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1424文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです