メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

治療中のがん患者に向けて本を出版したさとう桜子さん=東京都中央区で、吉永磨美撮影

 治療中や治療後に関わらず、「がん」と診断された人を「がんサバイバー」と呼ぶ。診断・治療後も、その人らしく生きるためには、さまざまな支援が必要だ。最近、サバイバーによるサバイバー支援の事業が増えている。「自分の経験を他の患者のために」。そんな気持ちで一歩を踏み出した3人のサバイバーを訪ねた。

 ●「美容の力大きい」

 さとう桜子さん(51)は2011年、子宮体がんで手術を受けた。術後の抗がん剤治療の副作用で脱毛し、…

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです