メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

自分の可能性狭めないで=アートディレクター・増田セバスチャンさん

増田セバスチャンさん=後藤由耶撮影

 生まれつきの難聴で、幼稚園では先生の話が聞きづらかったので「言うことを聞かない子」に映ったかもしれません。小学校に入ると普通に聞こえるようになったけど、コミュニケーションが取りづらかったからか、本や漫画を読んだり、絵を描いたりするのが好きでした。先生の似顔絵を描くのが上手で、クラスの人気者になりました。人生で一番良かった時期ですね。

 美術系の中学校に進みたかったけど、呉服屋を営む祖母に「お金持ちじゃなければ行けない」と言われて断念しました。中学では不良がモテるようになって、自分の存在価値が暴落しました。自分も髪形をまねしてみるんだけど、中途半端だったりして。暗黒期でした。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです