メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

残業抑制 取引先が反発

SCSKでは、社員向けの卓上カレンダーに有休取得予定をシールで記載しスケジュールを管理する=SCSK提供

 長時間労働の是正や会社から離れた場所で働くテレワークなどの「働き方改革」で課題となるのが、取引先や顧客との関係だ。自社の取り組みを率先して説明し、理解を得ようと努力する企業もあるが、「1社だけでは限界がある」との声も多い。

 「弊社社員の計画的有給休暇取得に関するお願い」

 IT大手SCSKは、谷原徹社長の名前で、顧客企業向けにこんな文書を作成している。2012年から、当時の中井戸信英社長の主導で、1人あたりの残業時間を月20時間未満に削減することや有休100%取得を目標に、働き方改革に取り組んできた。部署ごとの目標設定や有休の全社一斉取得日の設定を打ち出した。文書は13年に作られた。その結果、16年度の有休取得率95・3%、それまで約27時間あった残業は18時間にまで短縮した。

 とはいえ、情報システムを構築する仕事は、相手からの要求や納期に左右され、長時間労働に陥りやすい。SCSKは、部課長クラスが率先して顧客に理解を求めることを徹底。トップのメッセージとして冒頭の文書を持参して、説明することもある。

この記事は有料記事です。

残り1740文字(全文2197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです