メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

2横綱、3大関に土 稀勢の里、力なく

御嶽海に寄り切りで敗れる稀勢の里(右)=愛知県体育館で2017年7月9日、木葉健二撮影

 2横綱と、3大関全員が敗れ、1980年名古屋場所以来、37年ぶりに初日に横綱大関陣5人が敗れる波乱の幕開けになった。横綱は、休場明けの稀勢の里が新関脇・御嶽海の寄りに屈し、日馬富士は小結・嘉風に後ろを取られてあえなく敗れた。大関陣は、新大関の高安が北勝富士の馬力に防戦一方。豪栄道と照ノ富士もいいところがなかった。白鵬と鶴竜の2横綱は危なげなく発進した。

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文1758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  2. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  3. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 新型コロナ 佐野の30代男性が感染 /栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです