メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

沖ノ島、世界遺産決定 「除外4件」も一体判断

 沖ノ島(宗像大社沖津宮)だけでなく、本土側の辺津宮など4件も含めて世界遺産登録が決まったのは、沖ノ島の古代祭祀が現在の宗像大社信仰まで続いているとする日本側の主張を世界遺産委員会が受け入れたためだ。信仰の連続性に世界的価値が認められた形となった。

 日本側は、遺物などで考古学的に明らかな4~9世紀の沖ノ島祭祀が、古事記や日本書紀(共に8世紀)の記述にある宗像三女神の信仰に連続するとした。さらに女人禁制などの禁忌により、今日まで沖ノ島が守られてきた点に世界的価値があると主張した。

 だが当時の沖ノ島祭祀を具体的に記した史料も、沖ノ島祭祀から三女神信仰への連続性を示す史料もない。沖…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文770文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです