加計問題・衆院委

前川氏「不合理な決定」官邸の関与主張

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院文部科学、内閣両委員会の連合審査会で学校法人「加計学園」に絡む文部科学省の文書などについて答弁に向かう前川喜平・前文部科学事務次官(左)。右は萩生田光一官房副長官=国会内で2017年7月10日午前9時51分、川田雅浩撮影
衆院文部科学、内閣両委員会の連合審査会で学校法人「加計学園」に絡む文部科学省の文書などについて答弁に向かう前川喜平・前文部科学事務次官(左)。右は萩生田光一官房副長官=国会内で2017年7月10日午前9時51分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を巡り、衆院文部科学、内閣両委員会合同の閉会中審査が10日、行われた。参考人の前川喜平・前文科事務次官は、国家戦略特区で新設が認められた経緯について「はじめから加計学園に決まるようにプロセスが進んだように見える。非常に不合理な意思決定だった」と証言。また萩生田光一官房副長官が関与したことを示す昨年10月7日付の文書について、「次官在職中に受け取った」と存在を認めた。

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1401文字)

あわせて読みたい

ニュース特集