前川氏

「加計ありき」再び認識 閣僚と目合わさず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院文部科学、内閣両委員会の連合審査会で学校法人「加計学園」に絡む文部科学省の文書などについて答弁に向かう前川喜平・前文部科学事務次官(左)。右は萩生田光一官房副長官、中央は義家弘介副文科相=国会内で2017年7月10日、川田雅浩撮影
衆院文部科学、内閣両委員会の連合審査会で学校法人「加計学園」に絡む文部科学省の文書などについて答弁に向かう前川喜平・前文部科学事務次官(左)。右は萩生田光一官房副長官、中央は義家弘介副文科相=国会内で2017年7月10日、川田雅浩撮影

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、国会の閉会中審査が10日午前、始まった。参考人招致された文部科学省の前川喜平前事務次官は、獣医師数の抑制という国の「岩盤規制」に風穴を開けたとされる安倍政権の国家戦略特区に対し、「穴の開け方が問題」と批判。「加計ありき」で計画が進んでいったとの認識を改めて示した。【遠藤拓、小林祥晃、大場弘行】

 「(岩盤規制に)穴を開けるかどうかでなく、穴を通ってどの主体が規制緩和の恩恵を受けるか。このプロセスに不公平、不透明さがあった」。前川氏はこれまで繰り返してきた「行政がゆがめられた」という発言について、共産党の宮本岳志氏から真意を問われるとこう答え、新設計画の問題点を指摘した。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文975文字)

あわせて読みたい

注目の特集