メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

南部3県で停戦が発効

 【ワシントン会川晴之】米露両国とヨルダンが7日に合意したシリア南部での停戦が9日正午(日本時間同日夕)に発効した。過激派組織「イスラム国」(IS)掃討戦がシリアでも大詰めを迎えつつある中、米国はIS後のシリア和平実現に向けた取り組みを見据えており、これを第一歩と位置づける。ティラーソン米国務長官は「シリアで両国が協力できる最初の兆しだ」と、停戦の意義を強調している。

 停戦が発効したのは、シリア南部でヨルダン国境に近い▽ダルアー▽クネイトラ▽スワイダ--の3県。3県では、シリア政府軍と反政府組織が激しい攻防を続けるほか、ISやシリアのアサド政権を支援するイランの革命防衛隊、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラなども展開。また、イスラエルが占領するゴラン高原があるクネイトラ県では、イスラエルとシリア政府軍の戦闘が散発的に起きるなど極めて複雑な状況にある。

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです