メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラク

モスル解放 対IS戦、首都ラッカが次の焦点

 【カイロ篠田航一、ワシントン会川晴之】イラクのアバディ首相が過激派組織「イスラム国」(IS)から「解放し、勝利した」と宣言した北部モスルは「国家建設」を主張したISにとり「出発点」とも言える象徴的な場所だけに、「解放」は「テロとの戦い」の大きな進展を内外に印象付ける戦果だと言える。だが、劣勢を意識したIS戦闘員はすでに大半がモスルを脱出し、他の地域に拠点を移しているとされ、ISとの戦いは今後も続く。

 米軍を中心とする有志国連合は、2014年夏からイラクで空爆を中心に対IS戦を始め、イラク政府軍を主体とする地上軍の訓練、指導を続けてきた。イラク第2の都市でもあるモスルからのIS戦闘員の「放逐」は、これまでISが占領した地域の7割の奪回と約200万人のイラク市民をIS支配下から救出したことを意味する。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです