獣医学部

既存大学、新設に賛同なし 過剰供給を懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
獣医学部新設に関するアンケートへの主な回答
獣医学部新設に関するアンケートへの主な回答

16大学に毎日新聞アンケート 5校は「反対」

 安倍晋三首相が獣医学部新設を学校法人「加計学園」の他にも全国で認める意向を示したことについて、獣医師養成課程のある全国16大学に毎日新聞がアンケートを実施したところ、回答した大半が獣医師の需給バランスなどへの懸念を示した。賛同を表明した大学はなかった。政府が一昨年、新設の前提として「既存大学では対応困難」などと閣議決定した「4条件」を巡っても、各大学で既に研究体制を整えているとの意見が相次いだ。政府が教育現場の実態を十分把握することなく、議論を進めていることが浮かび上がった。

 アンケートは、首相が6月24日の講演で「2校でも3校でも意欲ある所にはどんどん新設を認めていく」と語ったことを受けて書面で実施し、9大学が回答した。他に3大学が匿名を条件に意見を寄せた。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文956文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集