メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

藤田貴大 過去に「今」を刻む 「マームとジプシー」10周年でツアー

=さいたま市の彩の国さいたま芸術劇場で、中村藍撮影

 鮮烈な感性で演劇界を疾走する気鋭の演劇作家、藤田貴大。主宰する劇団「マームとジプシー」が結成10周年を迎え7~9月、彩の国さいたま芸術劇場を皮切りに全国6都市をツアーで巡る。上演するのはこの10年間における10編を網羅する4作品。「2017年現在が刻まれてないと演劇じゃないと思う」。また、新しい風景が生まれそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです