メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

藤田貴大 過去に「今」を刻む 「マームとジプシー」10周年でツアー

=さいたま市の彩の国さいたま芸術劇場で、中村藍撮影

 鮮烈な感性で演劇界を疾走する気鋭の演劇作家、藤田貴大。主宰する劇団「マームとジプシー」が結成10周年を迎え7~9月、彩の国さいたま芸術劇場を皮切りに全国6都市をツアーで巡る。上演するのはこの10年間における10編を網羅する4作品。「2017年現在が刻まれてないと演劇じゃないと思う」。また、新しい風景が生まれそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです