メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

藤田貴大 過去に「今」を刻む 「マームとジプシー」10周年でツアー

=さいたま市の彩の国さいたま芸術劇場で、中村藍撮影

 鮮烈な感性で演劇界を疾走する気鋭の演劇作家、藤田貴大。主宰する劇団「マームとジプシー」が結成10周年を迎え7~9月、彩の国さいたま芸術劇場を皮切りに全国6都市をツアーで巡る。上演するのはこの10年間における10編を網羅する4作品。「2017年現在が刻まれてないと演劇じゃないと思う」。また、新しい風景が生まれそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1311文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです