メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

藤田貴大 過去に「今」を刻む 「マームとジプシー」10周年でツアー

=さいたま市の彩の国さいたま芸術劇場で、中村藍撮影

 鮮烈な感性で演劇界を疾走する気鋭の演劇作家、藤田貴大。主宰する劇団「マームとジプシー」が結成10周年を迎え7~9月、彩の国さいたま芸術劇場を皮切りに全国6都市をツアーで巡る。上演するのはこの10年間における10編を網羅する4作品。「2017年現在が刻まれてないと演劇じゃないと思う」。また、新しい風景が生まれそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1311文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです