メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家について考える

/5 高崎経大生が寺子屋 /群馬

「0号館寺子屋」で大学生に勉強を教わる小学生=高崎市下小塙町の「0号館」で

農家改修「0号館」で児童に無料学習指導

 空き家を活用した高崎市の地域サロン「0(ゼロ)号館」で12日午後4時から、高崎経済大の学生が小学生に無料で学習指導などをする「0号館寺子屋」が開かれる。

 「地域住民と学生の交流のきっかけづくりに」と、地元の北部公民館(岡田節男館長)が学生たちに働き掛けての共同開催で6月28日に続き2回目。

 0号館は、高崎経済大の正門前の道路向かい側にあった古い養蚕農家を改修し、「学生と社会の境界線」とし…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです