メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時のひと

沖ノ島に関する著書を出版した 宗像善樹さん /埼玉

宗像善樹さん

登録を機に知ってほしい 宗像善樹さん(74)

 玄界灘にある沖ノ島(福岡県宗像(むなかた)市)などが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されることが決まった。沖ノ島と密接な関係があり、自身の名字にゆかりのある宗像大社について調べた「史料にみる宗像三女神(じょしん)と沖ノ島傳説(でんせつ)」(右文書院)を出版した。登録と重なる年の出版にこぎ着け、「記念すべき年にライフワークを世に出せるのは望外の喜び」と感慨ひとしおだ。

 さいたま市浦和区で生まれ育ったが、父の出身地だった福島県の集落は宗像姓が多く、父や親族は宗像大社を…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. なぜ女性専用車両は必要か TV番組が炎上、「マナー」「トラブル」特集で

  3. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  4. 奈良の不明高1女子、大阪で保護 けがなし

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです