メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
時のひと

沖ノ島に関する著書を出版した 宗像善樹さん /埼玉

宗像善樹さん

登録を機に知ってほしい 宗像善樹さん(74)

 玄界灘にある沖ノ島(福岡県宗像(むなかた)市)などが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されることが決まった。沖ノ島と密接な関係があり、自身の名字にゆかりのある宗像大社について調べた「史料にみる宗像三女神(じょしん)と沖ノ島傳説(でんせつ)」(右文書院)を出版した。登録と重なる年の出版にこぎ着け、「記念すべき年にライフワークを世に出せるのは望外の喜び」と感慨ひとしおだ。

 さいたま市浦和区で生まれ育ったが、父の出身地だった福島県の集落は宗像姓が多く、父や親族は宗像大社を…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1001文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです