メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時のひと

沖ノ島に関する著書を出版した 宗像善樹さん /埼玉

宗像善樹さん

登録を機に知ってほしい 宗像善樹さん(74)

 玄界灘にある沖ノ島(福岡県宗像(むなかた)市)などが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されることが決まった。沖ノ島と密接な関係があり、自身の名字にゆかりのある宗像大社について調べた「史料にみる宗像三女神(じょしん)と沖ノ島傳説(でんせつ)」(右文書院)を出版した。登録と重なる年の出版にこぎ着け、「記念すべき年にライフワークを世に出せるのは望外の喜び」と感慨ひとしおだ。

 さいたま市浦和区で生まれ育ったが、父の出身地だった福島県の集落は宗像姓が多く、父や親族は宗像大社を崇拝していた。学生時代、慕っていた親族から名字の由来について調べてみるよう勧められた。それから約半世紀にわたって探求を続け、信仰の歴史と文化を追った12本のエッセーを収録した。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです