民泊

「看板無い施設、対策を」 個人タクシー組合が京都市長に要望 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「看板表示のない民泊が多過ぎて、お客さんをすぐ案内できず四苦八苦しています」。京都市内の個人タクシー運転手でつくる8組合の代表らが市内に急増している民泊施設への対策を市に要請した。

 国の住宅宿泊事業法成立を受け、市が条例化を検討していることを踏まえ提出。民泊の違法な施設に厳正に対処▽屋外に標識や、市で統一したマークの表示などを義務付け▽管理人不在の施設では旅行客から運転手…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集