メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

私設図書室「はるえ文庫」館長 高橋正夫さん /奈良

亡くなった妻が集めた本を貸し出す私設図書室「はるえ文庫」を開設した高橋正夫さん=奈良県大和高田市昭和町で、数野智史撮影

亡き妻の本、皆で読んで 高橋正夫さん(76)=大和高田市

 「妻が好きだった本を多くの人に読んでもらいたい」。2013年7月に亡くなった妻・春枝さんが生前に集めた書籍を中心に約2500冊を貸し出す私設図書室「はるえ文庫」を運営している。

 東京・浅草で生まれ育ち、都内を拠点に特許に関するサービスを手掛ける会社に就職。頻繁に出張していた大阪で春枝さんと出会った。実家へ結婚のあいさつに行った際、春枝さんの母親から「本を買い出すと、あなたの給料がなくなりますよ」と言われるほどの読書家だった。

 結婚後、大阪に転勤となり奈良に移住。家を建てる際には、居間の壁を覆うほどの大きな本棚を大工に特注し…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文731文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 受験者をランク付け 東京医大裏口リスト
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]