メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国和牛能力共進会

和牛の県代表に19頭 全国大会「種牛の部」へ 平戸で選考会 /長崎

審査員により体形などを審査される牛

 9月に仙台市で開かれる「第11回全国和牛能力共進会宮城大会」の種牛の部に出品する県代表牛を決める選考会が7日、平戸市田平町の平戸口中央家畜市場であった。県南、県北、五島、壱岐の各地区の予選を勝ち抜いた69頭が七つの区分で県代表の座を争った。

 全国和牛能力共進会は5年に1回開催され、和牛の改良の成果などを競う。2012年に開かれた前回の長崎大会では、…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです