メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・加計学園

獣医学部新設問題 閉会中審査 論戦平行線 前川氏「官邸の関与がある」/政府側「一点の曇りもない」

参院の連合審査会で民進・桜井充氏の質問に答える前川喜平・前文科事務次官(右)を見つめる萩生田光一官房副長官(左)=国会内で2017年7月10日午後3時18分、和田大典撮影

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、衆参両院は10日、文部科学・内閣両委員会合同の閉会中審査をそれぞれ行い、前川喜平・前文科事務次官らを参考人招致した。前川氏は在職中の昨秋に和泉洋人首相補佐官から早期開学を求められたことを挙げ「首相官邸の関与がある」と強調。一方、山本幸三地方創生担当相は「一点の曇りもない。(首相)個人の意見は入らなかった」と新設の正当性を訴えた。

 前川氏は、政府が2015年に閣議決定した獣医学部新設の4条件について、「文科省は(加計学園が)満たしていないと主張した」と説明。和泉氏から昨年9月に「首相は自分の口から言えないから、自分から言う」と早期開学を促されたと証言した。菅義偉官房長官は「和泉氏は首相から指示を受けたことはないと言っている」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです